臨床循環腫瘍細胞検査CTC研究会

ホーム > 臨床CTC研究会とは
臨床CTC研究会とは

臨床CTC研究会とは

臨床循環腫瘍細胞検査 CTC 研究会(略称:臨床 CTC 研究会)
循環腫瘍細胞検査を主体としたがん治療に関する情報提供活動を行うことにより、よりがん患者の負担を軽減する治療を模索することを目的とし、海外の研究ラボからの情報収集を行い定期的な勉強会の開催、海外ラボの検査紹介、各種資料の提供を行う研究会。
2019年11月4日発足。

会長:喜多村邦弘 医師
喜多村クリニック院長
RGCC社認定CTCインストラクター
外科専門医として20 年間がん治療に携わる。RGCC社のがん検査のリーディング医師として、医学セミナーなどの講演を通じて日本での検査普及活動に従事。この度臨床CTC 研究会を発足。

副会長: 柳澤 厚生 医師
スピッククリニック名誉院長
日本オーソモレキュラー医学会 代表理事
高濃度ビタミンC 点滴やメガビタミン療法など、ガンや慢性疾患の治療におけるオーソモレキュラー医学の日本でのパイオニア。

事務局:株式会社デトックス

海外検査導入へのサポート、代行を行います。その他の製剤、サプリメントの輸入代行業者です。
住所:〒102-0085 東京都千代田区六番町5-18 六番町ステートビル102
電話番号:03-5876-4511
FAX番号:03-3222-5770

R.G.C.C.インターナショナル社
  • ・がん幹細胞と循環腫瘍細胞の分析におけるリーディングカンパニーです。
    循環腫瘍細胞の分析を通して、私どもは臨床の領域、そして製薬会社のR&Dにおいてもサービスを提供しております。
  • ・分子生物学と細胞生物学の革新的な技術を導入することにより、CTC(循環腫瘍細胞)とCSC(循環幹細胞)の分析における限界や困難を乗り越えています。
    このような事業のもとに大量の情報とデータが生み出され蓄積しています。これ等の情報とデータは新薬開発の標的を識別するために、そして臨床において新しい次元の分析、病体の危険度、そしてがんの病体のデータベースが蓄積されています。
  • ・医療遺伝子学と特殊がん遺伝子学を専門とする世界的検査ラボであり、世界規模のサービスを提供します。イオアニス・パパソティリオウ医師が創始者で代表です。

RGCC社の検査は欧州ラボの検査基準である ISO 17025 認定証書番号 860 を以て 欧州政府により検査の精度が認定されています。

【クリニックのご紹介】
この検査を取り扱っているお近くのクリニックのをご紹介いたします。
ご希望の方は下記までご連絡下さい。
【お問い合わせ】
臨床CTC研究会事務局(株)デトックス
電話番号:03-5876-4511 FAX番号:03-3222-5770
※お電話による受付時間 平日10:00~17:00
MAIL info@ctcjapan.jp
© ctcjapan.jp All Rights Reserved.